<< ジオラマで検証「姿なき狙撃兵」 その1 | top | ジオラマで検証「姿なき狙撃兵」 その3 >>

ジオラマで検証「姿なき狙撃兵」 その2

今回はオープニングタイトル前のシーンを見ていきます。村の解放と狙撃兵に狙われるフィッシャーです。

(A)解放の熱狂行軍シーン
アメリカ軍の進軍に合わせフランス村民が熱狂に沸く冒頭のシーン。ここにも変なところがあります。4カットに分かれていますが映る順に以下のようになっています。
 銑の流れは自然ですが、い呂かしなことに。  

(B)ジープの位置
カフェの前に集団がたどり着いた所へヘンリー少尉がジープで登場します。その後みんながわかれてジープに腰かけたフィッシャーが狙撃されますが、ジープの位置が変わっています。


こんな感じで次回から3回にわたる狙撃シーンを見ていきます。

なお一部のフランス人とフランス人に扮したドイツ兵の代役に、苦肉の策でアメリカ空軍・イギリス空軍パイロット及び整備兵のフィギュア(エアフィックス)を使用します。兵隊のフィギュアってほとんど何かしら武器を手にしているのこういう時困ります。

シーゲル曹長 | ジオラマ | 22:06 | comments(0) | - | - | - |
Comment










12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH