<< USA B-6トラックを入手 | top | ジオラマで検証「姿なき狙撃兵」 その2 >>

ジオラマで検証「姿なき狙撃兵」 その1

ジオラマ「フランス村」を使ってコンバット!を追体験する楽しみ。今回は(29)「姿なき狙撃兵」です。
はじめ考えていたのは狙撃兵の行動を追ってゆくというものでした。どこから狙撃してどう逃走したのか…。ところが映像をチェックしてみるとあちこちの離れた場所にある建物がつなげられているんです。当初の目論見は完全に外れることに。しかたないのでそのあちこちの建物がどの様に連続映像になっているのかを検証することにしました。
また例によって一般人のフィギュアがないので、全体のストーリーを再現することはあきらめ狙撃シーンに絞ってみてゆきます。

〇準備
今回も何か所か建物の増築・改築があります。どれだけ再現できるかわからないので使わない物もあるかもしれませんが、10月の後半に作りました。

 /靴燭暴亳修靴進
全く新しく作ったのは教会前広場からカフェへ降りてくる道の途中にできた壁です。大きく丸くくりぬかれていて中には引き戸のようなものもあり、中世の城塞都市の門のようでもあります。コンバットであえて必要なものとも思えないので、他のドラマか映画で急きょ作られたのかもしれません。(20)「小さな義勇兵」には存在せず、(26)「ある村ーその生と死」とこの「姿なき狙撃兵」、(32)「残されたもの」にはあり、(33)「だが明日は来る」では消えています。

左の壁に合わせてトンネルをつけたら右側が余り気味。両側の建物の大きさに対して道路幅が広すぎたようです。

 ▲フェ横の建物 (No23)
カフェの右隣りに斜めに連なる建物は最も使用されない物のひとつですが、ここでは狙撃兵を追って2階の窓からサンダースが屋根に出るシーンがあります。これまで窓の絵を貼り付けただけの物でしたが、左側をオープンにし右側は板を打ち付けたように変更しました。また狙撃の位置を推定し、壁に割れ目を作りました。


 その他の小さな改造
建物No2:ケーリーが窓から飛び出すシーンで、左側のトンネルの上半分ふさがっているのが一瞬映るのでそのように改造。

建物No6:ホテルの中央上部の窓から狙撃兵が狙うシーンがあり、窓の絵をはがしオープンにし窓枠だけ制作。

建物No13:狙撃兵が出てゆきサンダースが入ってゆくドア。ここも一旦ドアをはがし中の発泡スチロールをくりぬいて空間を作り、壊れてとれかかっているドア仕様に改造。はめ込み式の新たなドアも制作。

建物No25:ドアが全面閉じていたので新たに制作。

建物No29・30:左の狙撃兵が出入りするドアを製作。右2階の窓ははめ込んであっただけなのではずす。
シーゲル曹長 | ジオラマ | 17:38 | comments(0) | - | - | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH