<< ジオラマ建物解説-8 対岸裏通り | top | ジオラマ建物解説-10 運河沿い大通り 村はずれ >>

ジオラマ建物解説9‐対岸裏通り

Diorama of COMBAT! "French Village" MGM Studio
建物No.25(野戦病院など)
この建物はこれまでのものとは趣を異にするもので、窓の造りなども実に雑だ。おそらく映画「ボヴァリー夫人」でこのセットが造られた時にはなかったもので、「コンバット!」ではセットの使用回数も増えるので遠景の目隠しとして急造されたものだと思う。屋根は斜めからの映像で、正面だけの全くの一枚の板であることも分かった。
一階の入り口は(75)「戦場と街角」では野戦病院、(54)「人質の3人」では車両修理場、(143)「みなしご達」では司令部だった。また(44)「地下室の分隊」ではドイツ軍の野戦病院として使われたが、2階から上部分が撤去されていた。ただ内部を本当にどれだけ使っているかはわからない。(108)「死にたくない奴」ではタンカの替りに2階の雨戸をはずすシーンがあり、壁のアップが見られる。

裏側は全くの想像で作った。(95)「遅すぎた連絡」ではドイツ軍の待ち伏せ攻撃があり、屋根の出窓から撃ってきたのではしごで登れるようにしてある。

建物No.26
これも目隠しのための構造物でNo25に劣らず雑な造りだ。
左端の二本のつっかえ棒は(116)「報復への道」でドイツ将校が逃げ惑うシーンで映り込んだもの。前からも支えてるくらいだからほんとにぺらぺらの壁一枚なんだと思う。(54)「人質の3人」で中央のドアからG.I.が出てくるシーンがあったのでドアを付けてみたが、何もついてない状態が多い。あとは(45)「3対3対3」でカービーたちが右端の階段に座って話をするシーンくらいしか思い出せない。

裏側ももちろん想像だけで作りました。
シーゲル曹長 | ジオラマ | 12:59 | comments(0) | - | - | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH