<< ジオラマ建物解説-6 教会前広場 | top | ジオラマ建物解説-8 対岸裏通り >>

ジオラマ建物解説-7 運河対岸裏通り

Diorama of COMBAT! "French Village" MGM Studio
 

教会前広場からホテルに沿って坂を下りホテルを右折すると、今度は左へ少しカーブして建物が続きます。
建物No.19(お菓子屋)
この家は斜め左方向からの映像ばかりで正面の形状や幅がわからず苦労したが、(41)「不信心部隊」でかなり判明する。最初にヘンリーたちが修道女に出会うのがこの家の前。しかし上のほうは映らないので窓が二つあることくらいしかわからない。屋根の左側面は板が雑に組まれていることが遠方からの映像で見てとれる。(140)「もう帰ってこない」でテリー・サバラスが入って行くと、子供にお菓子を買ってやるシーンが始まる。ただし撃たれたG.I.が腹を押さえて出てくるのは左隣りの家だった。

建物No.20(アトリエ)
(20)「小さな義勇兵」でヘンリーたちが休んでいるとフランスの少年が訪ねてくる家。(116)「報復への道」でカービーの義兄の死体が発見されるのもこの家だ。両サイドの窓は後に板でふさがれていたり、完全に壁になっていたりしている。
ドアは階段をちょっと上がって入るよう凝った作りになっている。
建物No.21(ワイン製造所)
(26)「ある村-その生と死」でクローズアップ。(45)「3対3対3」ではワイン製造所になっていて中が使用されるが、2階のドアから入ってまた階段を上がってゆくので中は別の場所だろうと思う。(97)「戦場をかける」では2階左窓の雨戸が音を立て、カービーが見つけるシーンで細部がわかる。また屋根の上の方もちらっと映る。発泡スチロールを縦横縦横と刻んで階段を作り、針金で手すりを付けてみた。ここまで20軒余り作ってきたのでだいぶ手際もよくなった。
教会前広場からつながった建物群は一旦ここで終わる。(75)「街角と戦場」ではカービーとエディが教会の方からしゃべりながら歩いてきて、家が途切れて左にぐるっと曲がる時この家の後方に空き地があり、遠くのほうに別の家のセットが映り込んでしまう。
なお(107)「十字砲火」ではこの左部分少し奥まった所に2階建ての家が増設され、突き当りの家に結合している。しっかりした階段もあり、上がった2階に中隊本部があるという設定だった。
シーゲル曹長 | ジオラマ | 18:15 | comments(0) | - | - | - |
Comment










06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH