<< ジオラマ建物解説-3 運河沿い大通り | top | ジオラマ建物解説-5 運河沿い遊歩道 >>

ジオラマ建物解説-4 教会前広場

Diorama of COMBAT! "French Village" MGM Studio

建物 No.8 (浄水場)
大きな建物だが橋の裏側にあってその形はわかりにくかった。2階部分は普通の人家のような窓があるが、左側面にはドアも窓もない。

(8)「3人の新入兵」ではテンプルが泳いで橋の下に入り、裏から登って屋根に登場する。右側に引っ込んだ部部があり、その屋根から建物No.7の屋根に飛び移る。それ以外では(84)「仮面の下に」で重要なシーンが撮影された。その時は水辺のふちに沿ってはしごまで歩いて行ける様に土が盛られた。はしごと柵棒を針金で作り銀色の糸でつないでみたらいい感じに。ジオラマはこういう小物ひとつで生き生きとしてきます。
建物 No.9 教会控室
最も目立たない建物の一つ。左の入り口はドアが閉まっていたり、完全にふさがれ前に小さなマリア像が立っていることもある。右の建物No.8との間は雑に板塀でふさがれているが、テレビではこの上後方に撮影スタッフ用通路の手すりらしきものがよく映り込んでいる。
この建物は教会とは全く別の建物として独立して使われることも多い。(43)「小さな情報部員」の冒頭で分隊員がフランスの孤児と出会うのもここだが、目の前に廃墟が急増され橋の方は樹木でカモフラージュされていた。(45)「3体3体3」のラストでジープに乗った一行は村を出て行くが、たどり着いたのはこの建物だった。
建物 No.10 教会(本堂と塔)
教会は最も大きな建物でこの村のランドマーク的な重要な建物。我ながら出来は気に入っていて、映像のイメージがうまく出せたと自負しております。屋根の左側は瓦がないのでその様に仕上げました。(97)「戦場をかける」でマクラスキー軍曹が教会の前を右から左へ歩くシーン、下からの映像でわかります。

・教会の中では様々なドラマがあったので、そのうち作り込みたいと思い空間を設けてあります。とりあえず入り口わきの壁の塗装と、塔へ続く通路を開けてあります。塔の上部も内部に床を付けて(87)「塔の上」が再現できるようにしてあります。いずれ階段と鐘を鳴らすロープをつけて。
教会前広場全体の広さががよくわかるのは(87)「塔の上」です。かなり広いのでよく墓地が作られました。教会正面入り口から右部分です。
建物 No.11  洋品店
(8)「3人の新入兵」で分隊の集合場所に使われた重要な建物。右のドアからカービーが出てきたところを銃撃され、左のドアからサンダースが出て助けました。
ドアは開閉し、右の窓ははめ込み式です。内部は雑に作ったので暖炉の位置が煙突の下に来ていません。建物の右側には小さな小屋がついていて教会との間は壁でつながっていますが、この中間部分は後に作り替えられ教会と一続きの窓のついた平屋になりました。左部分は道が斜めに下っています。
(33)「だが明日は来る」では悲劇のフランス女性の家でしたが、内部は別の場所が使われました。
シーゲル曹長 | ジオラマ | 20:03 | comments(0) | - | - | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH