<< (30)「One More For The Road/赤ん坊と兵隊たち」(もう一仕事) | top | (32)「残されたもの/No Trumpet,No Drums」(ラッパも太鼓も鳴り響かず) >>

(31)「生きて帰れない/High Named Today」(貴重な今日という日)

ノー・カット(NC)輸入版DVDで見る 第1シーズン31話(日本第27話)

・お薦め度★★★ ・迫力度★★★ ・感動度★★

●あらすじ

サンダースの分隊に来た補充兵ロブ・ローソンは、一人で師団並の働きをするという噂の男。無謀な単独行為で任務を片付けてしまうのはいいが、同じ分隊員はたまったものではない。カービーが問い詰めると、彼の父も祖父も戦死しており、今度は自分の番だと信じていると白状する。翌日の任務でローソンは危機に見舞われるが、サンダースは緊迫した状況の中で彼にチームプレイに徹するよう説得し、危機を脱する。

●出演レギュラー:サンダース、ヘンリー、カービー、ケーリー、リトルジョン、ビリー、ドク
      ゲストスター:ディーン・ストックウェル(ロブ・ローソン)

●感想&コメント

・タイトル音楽前の部分はいろんなフィルムの使いまわし。「小さな義勇兵」の丘の砲撃シーン、「撃てない兵士」で丘を上がってくるドイツ兵など。

・カービーはまたもM1ガーラント。

・補充兵ローソンの噂話で「一人で師団なみ」と繰り返されるが、原語ではすべて「Army(軍)」と言っている。なお「第3軍の武勇伝」というのはパットン将軍が指揮した第3軍のことで、コブラ作戦(7/25〜)以降の大突破あたりをさしていると思われる。

・ローソンが第2小隊を探すシーンで第1小隊が登場し、農家の攻略では第3小隊が失敗したので第2小隊に命令が来るという設定はよかったが、ヘンリーの第2小隊は結局一個分隊しかないみたいになちゃってて残念。

・B-17の発進シーンは「戦火のかげに」でも使ったもの。しかし雨降ってるし、やはり砲兵での反撃が妥当。

・地雷原と狙撃兵の場所は「一人だけ帰った」でも地雷原と狙撃兵がいた場所。

・狙撃兵はセミオートのG43を使用しているので、連射はできる。でもあんなに撃ちまくったらすぐに居場所がわかっちゃうね。

・最初の農家をとった後、サンダースはローソンについての苦情をヘンリーに伝えるが、ヘンリーは「本隊からほめられた」と嬉しそう。実に中間管理職的。

・ローソンの父は第1次大戦(1914〜18)で戦死、祖父はスペイン戦争(1898)で戦死。だから次は自分がこの戦争で死ぬと信じていることが判明する。その時からサンダースの感情に変化が生じ、カービーの苦情に「もっとましなことを考えろ」と言いつつ何かを思い込むサンダース。翌日の任務でローソンをあえて選ぶという行動につながる。

・オートバイのはずがハーフトラックの誤報だったとわかっても、任務を遂行しようとするサンダース。子供の時は大興奮だったが今見ると「自分が部下だったらたまらんな…」と思うぞ。

・ハーフトラックとの戦闘で細部が見れる。回転銃座が動く時の音もいかす。「近くから撃てば鉄板をぶち抜かれると…」と言うサンダースのセリフもリアルで緊迫感ある戦闘シーンだ。

●TVあるいはオリジナルDVDのカットシーン

・タイトルの後の雨の夜間シーン。トラックの隊列の映像のあとテントが二つある駐屯地で付近をうろつく兵士たち。カメラが右に移動し暗闇からローソンが出てきて第2小隊を探すシーンに続く。このわずかなシーンのためにテントが二つ張られ、ひとつは負傷兵が横たわるベッドが並んだ大きなもの、もうひとつではテーブルを囲んで指揮官たちが作戦会議をしている様子。もちろん夜間なので多数のランプで灯りをとっている。カットするには惜しい光景。

・ヘンリーに直訴したカービーがあきらめて部屋を出た後、階段を上がりみんなに合流して「だめだった」と告げる。どうしようかと話し合っていると見張りから戻ったローソンが銃を立てかけ、装備をはずして休む。それを見たカービーはみんなを連れてローソンに詰め寄る。

●ドイツ兵戦死者:9名+ハーフトラック2輌の乗員。アメリカ兵戦死者:4名。ただしフィルム再使用シーンと第3小隊の犠牲者。
●出場メカ:回転銃座付M3ハーフトラック、ドイツ軍で、2輌。
●実写フィルム:独軍砲兵。大小様々な砲、2号ヴェスペなど。B-17編隊。

シーゲル曹長 | NoCut第1シーズン | 13:11 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH