<< (28)「Hill 256/敵前逃亡罪」(第256高地) | top | (30)「One More For The Road/赤ん坊と兵隊たち」(もう一仕事) >>

(29)「The Sniper/姿なき狙撃兵」(狙撃兵)

ノー・カット(NC)輸入版DVDで見る 第1シーズン28話(日本第29話)
・お薦め度★★★ ・迫力度★★ ・感動度★★

●出演レギュラー:サンダース、ヘンリー、カービー、ケーリー、リトルジョン、ドク
   ゲストスター:ゲイル・コビー(フランソワーズ)
  ・その他の出演者:ハンク・グガデスト(ドイツ兵)
            分隊員にデイビスとブロックマイヤー。

●あらすじ
ヘンリー小隊は解放した町で久々の休養を取ることになったが、たった一人ドイツ兵が残っていた。一人、また一人と犠牲者が出るがドイツ兵は町外れの工場跡地に潜み、巧妙に行動するのでなかなか見つからない。そんな中、酒場で働くフランソワーズが町人ののけ者になっていることにサンダースは気づき、話をし彼女の心の傷を知る。子供の目撃証言とフランソワーズの言動からサンダースはドイツ兵の居場所を突き止めるが反撃を受け負傷。しかし最後の最後にフランソワーズが犠牲となり、サンダースはドイツ兵を倒す。

●感想&コメント

・リトルジョンが両腕に抱えている女性が二人ともおばさんなので笑える。右手の女性は「ある村−その生と死」にも出ていた。

・カービーはまたM1ガーラントライフル。またも任務に酒場で女性にちょっかいを出し、サンダースに怒られる。ケーリーが頼りになる役。

・サンダースの腰(右後)につけていたマガジンケースがなくなっている。うっとうしいのでやめたか?

・こんな小さな町では、ドイツ兵はいくら私服に着替えてもまず町人から疑われるはずだ。フランス語もだめみたいだし。

・ラストでサンダースに突進するドイツ兵は無謀。1対1ならライフルで遠くから撃ち合う方が有利。

・ドイツ兵は結局フランソワーズを利用していただけで、愛情はなかったのか。孤独な女性が悪い男と知りながら身を持ち崩してゆく…まるで演歌のようなストーリーだがこれは世界共通なのか。あとはこのドイツ兵がなぜ一人残って戦い続けるのか知りたいところだが、明解な答えはない。しかし初めから犯人がわかっている刑事ドラマのような面白さはある。

・最後に大隊が到着するシーンでヘンリーは「ジャンペル少佐に報告を…」と言っている。

●TVあるいはオリジナルDVDのカットシーン

・二人めの犠牲者が出て、二階を捜索したサンダースはヘンリーと合流。するとまたフランス人(一人目の犠牲者の後に注意した男)が歩いてくる。今度こそ怪しいとにらんだサンダースは激しく詰め寄るが、一緒にいるフランス人が強く反発。ケーリーの通訳では「彼は三日前の砲撃で妻と子を亡くしたそうです。だから狙撃兵のはずはないと…」涙を流す男にサンダースは詫びを入れ解放する。それを物陰で見ていたフランソワーズがドイツ兵のもとへ向かう。

・サンダースとケーリーがドイツ兵の隠れ家を見つけ元通りにしておこうと片付けるシーンのあと、町にいるドイツ兵が映る。戻ってきたサンダースとケーリーを見つけ照準を合わせるが、二人は別れサンダースはカフェに入る。その後ヘンリーとのやり取り。

●ドイツ兵戦死者:1名。アメリカ兵戦死者:2名。
●出場メカ:アメリカ軍ジープのみ。
●実写フィルム:なし。

シーゲル曹長 | NoCut第1シーズン | 14:30 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH